キルモノ出店at梅田スーク

元年 5/8~5/14 

キルモノ出店at阪急梅田本店10階スーク フルギストリート 開催致しました。

初の阪急百貨店本館に出店です。(前回はメンズ館)何か嬉しー わーい。

今回は毎年恒例のスーク フルギストリートのブースを1つお借りして開催。

フルギストリートの全貌
キルモノブース

残念ながら場所は結構分かり難い。角部屋ならぬ角ブースでした。

あるお客さんは2周しても見つけられなかったとか・・・・・

まあ、良い言い方をすれば穴場っちゅう奴ですね。知らんけど。

今回キルモノのブースには他にも、

丸いネクタイ「Qタイ」でお馴染みのテーラーコフジさん、

日本国を丸で表現したお洋服「NIPPON」の日本極東貿易さん

(愛国心強そう)が出店されていました。

そして今回、忘れてはならないコーナーがありました。

そう、その名こそ セールラック !!

セールラック レジ横の目立つ所に有る

ただでさえも目立たないコーナーになってしまったキルモノブース、

この好きなもの出し放題のセールラックを見逃す手はない!

と、思った訳ですね。

ある意味ケーワイなキルモノは、このセールラックの1/4をお借りし、

とんでもない割引率の商品を出しました。

ほら、周りの古着屋さんは海外仕入れの結構高額なお品が多いのですよ。

むしろキルモノほど庶民派なお店はなく、元々浮いていた訳です。

元々高級な周りの古着屋さんはどれだけ値引いても相場で3000円位。

しかし元来安売りのキルモノは、

4000円のバックを1000円

2500円のバッグを400円

3000円のワンピースを500etc、、、

と、およそ場違いなお値段を付けました。

これには阪急マダムも阪急従業員の方もかなり驚いた模様。

面白半分に、まあまあ買って行って下さいました。

まあ、在庫処分の意味も込めてだったから良いんですけれども、

400円にしたバッグとか本当に利益ないよね。

と言うより赤だよね。

売り上げに響かないよね。

一体僕は何をしていたんだか・・・・・?

ハッハッハ

キルモノ出店at舞鶴赤レンガパーク

元年 5/3~5/5 

GETHAPPYの3品1000円バザール&キルモノ出店at舞鶴赤レンガパークが

開催されました。わーい。

ゴールデンウィーク真っ盛り、京都舞鶴、北の大地で北方営業です。

 

今回のイベントは、WOODYHOUSEという、簡単に言うと舞鶴を牛耳る

北近畿一番店のセレクトショップのアウトレットセールです。

そのアウトレットセール、都会では考えられないような規模のイベントで、

なんと当時海軍が使用していた赤レンガ倉庫丸々一棟を借りての営業。

4号棟倉庫を使用

今回僕達はそのアウトレットセールに便乗、という形で、赤レンガ倉庫の

2階を丸々お借りしました。

えっ!そんな広いスペース埋めるほどの量の服がキルモノにはあるの?

てかそんな量運搬出来るの?

いやいや、それは流石にに無理ですわ。そもそも僕はまだ高校生。17歳。

車の免許が取れるわけがない。

という訳で、同時出店のGETHAPPYさんの車に荷物と一緒に乗っけて貰いました。

有難う御座います。

  

約半日に渡る設営が終わり、ようやく完成しました。

3品1000円バザール
キルモノコーナーは3品1000円コーナーの奥

が、が、どうやら僕たちは赤レンガ倉庫の広さを見くびっていた様です。

すべての商品を出しましたが、めっちゃ場所余った。

全体の3分/1くらいしか使えませんでした・・・・・・

ワンピースコーナー
同じくワンピースコーナー
大ブラウス祭同様のグラデーションブラウスコーナー

それに見くびっていたのは倉庫の広さだけではありませんでした。

単純に考えてみて下さい。

梅田という大都市のイベントと、舞鶴という1地方都市のイベントと、

どっちがようさん人来ると思います?

文章の運び方的に答えはお分かりでしょうが、舞鶴のイベントの方が

何倍も人来るんです。びっくりでありましょう!?

どうやら原因は、地方の方は行動範囲が広いというのに有るようです。

Q:どこから来たんですか?

A:宮津です。

Q:どこから来?

A:越前です。

Q:どこから?

A:敦賀です。

Q:どk?

A:倉吉です。

みんな100キロ越え。倉吉とか170キロくらい離れてるし。

大阪だと梅田と天王寺行き来するだけでも億劫なのに・・・・・

恐るべし車文化の世界です。

それに1階はウッディーハウスさんのアウトレットセールの

盛況ぶりと言ったらこの上ない。一言にヤバい。

大きい目の買い物籠2つに溢れんばかりの量の衣類を入れた人が

館内を埋め尽くし、到底歩けた代物ではないって感じです。

レジを待つ人たちも長蛇の列でなんと館外まで続いていました。

我思う「絶対パクれるわ。」

それでも律義にお買い物する所が日本らしくって良いですね。

これでもまだ少ないほう

さて、こんなに人がいるならば、僕達もしっかりおこぼれに預れる

事でしょうと思いきや、案外そうでもないみたい・・・・・

皆様2階の存在を知らない様で、良い感じの穴場となりました。

やっぱりこういうのは回を重ねてお客さんに定着して頂くのが重要ですね。

という事なので、ウッディハウス様次回も是非是非お呼び下さいーー!!

第2回 キルモノ出店at梅田ロフト

H31 4/2~4/24 キルモノ出店at梅田ロフト1階 が開催されました。

めでたく2回目の開催です。わーい。

梅田ロフト 

前回の開催ではキルモノのほかにもメニアマルさんや

A DAY  IN THE LIFEさんなどの有名古着屋との同時出店でしたが、

今回は、キルモノだけ。キルモノオンリーです!

すごーい やったー わーい

と、喜んでいる場合では有るけれど無いんです。

何故なら今回の催事で売り上げが悪い=キルモノの売り上げが悪い と、

直結する訳なんです。責任重大、プレッシャーは5t。

 

それでは見て参りましょう。まずは中々お目に掛れない会場設置の様子です。

予告看板
服がちらほらと
ほぼ完成

そして、

完成です! 写真で見るとあっけなく出来たようにも見えますが、

昼から作業を始めて終わったのは閉店1時間後です。割かし疲れました。

お気付きになった方もいらっしゃるやもしれませんが、

今回の催事場は前回の向かい、第2ロフトマーケットになりました。

面積は小さくなりましたが、キルモノオンリーで考えると随分広いです。

前回の図 入って左側
今回の図 入って右側 前回の場所にはテキスタイルマルシェと言うイベントが入りました。

 

さて、その翌日から22日間に渡る長いようで短いイベントが始まった訳です。

今回のイベントの題名は「レトロ古着&ミリタリーワークウエアピクニック」

と言う事なので、何かピクニックっぽいアイテム持って来てと頼まれたのは良いけれど、

そんな小洒落たもんあるかい!て話です。何とか用意はしたのですがね。

なけなしのピクニックセット(?)

 

今回はキルモノオンリーと申し上げましたが、幾人かの作家さんとワークウエアの

日本極東貿易さんが出店されています。

Qタイでお馴染みテーラーコフジさん
インパクト大なアップリケの手縫い作家 RIKOさん
この目が好き
夢かわペイントの橋本京子さん
実は今回馬鹿売れ
着物リメイク傘のハッターカズさん
土日はハッターカズさんの本業、帽子のオーダーメイド会も開催
僕もこのキルモノワンピースを
こんな素敵な帽子にして貰いました。わーい。
ワークウエアーの日本極東貿易さん

 

今回初めてパーカー、スウェットコーナーを作ってみました。

某有名チェーン古着屋はそういう系の物しか置いてませんしね。

まあそういうのをパクったわけっですね。ハハハ

しかし、結果、一個も売れへん。何でや!場所の無駄や!

となってしまいました。トホホ。

と言う訳で、キルモノお馴染みのジュークボックスを持ってきました。

一個も売れへんかったパーカーとスウェット
キルモノお馴染みジュークボックス。
ここでも勿論1曲100円

ロフトの人に聞いてみたところ音楽OKだったので、

ジュークボックスもOKだという解釈ですね。はい。

館内は明るいのでジュークボックス特有の嫌らしい光り方は分かりませんが、

シティーテイストなロフトに70年代くらいのこってり音楽を結構な大音量で流す

このアウェイ感は中々爽快でした!

22才の別れや難破船かけたら皆キョロキョロしましたよ~ へっへ~

 

キルモノ全貌
ブラウス
左スカート右ズボン
スカーフ
前回ロフトでの看板を使いまわし

イベントが終了する1週間前、向かいのテキスタイルマルシェが一足先に撤退。

その代わりに入ったイベントは、

皆様ご存じ、国際的ねずみの、そう、ミッキーマウス展です。

ミッキーマウス展

これは・・・・・儲かるぞ・・・・・僕はひらめきました。

こっちもミッキーマウス展や!

国産と米国製を中心としたレトロミッキーマウスTシャツコーナーを作りました。

ミッキーマウス展のおこぼれをもらう作戦ですね。こそく~

 

さて、時間はスルスルと流れ最終日になりました。

最終日シールが貼られた看板

何事もなく終わるのかと思いきや、端から見ればどうでも良い事、

個人的には結構重大で嬉しい事がありました。

何と学校の先生が来てくれたのです。こんな事は今まで1度もなかったのに!

担任の山本先生

そしてもっと嬉しい事に何と7,000円分もお買い上げ頂いたのです¥¥¥¥

有難う御座いました¥¥¥¥¥

何か上から目線ですが貴女こそ先生の鏡ですよ。きっと¥¥¥¥¥¥

 

前回のロフトの時のような台風やなんやは無く至って平和に終わる事が出来ました。

沢山の方のご来店、有難う御座いました。

キルモノにジュークボックスがやってきた!

22才の別れ なごり雪 ゴーストバスターズ 六本木心中etc・・・・・

キルモノにジュークボックスがやってきた!

ROCKOLA社の1970年製ジュークボックス、

中にはレコード、1曲100円で聞けるアナログ~なマシンです。

ROCKOLA473
操作パネル
100曲入っています。

何故どうして、こんな物がキルモノにやってきたのか?

話し出すと長いので要約します。

①ある時僕は舞鶴のわびたドライブインに行った。

②そこにあったジュークボックスに感銘を受けた。

③ジュークボックス欲しいな~

④ヤフオクで見たら相場70万の所2万で売ってたのを発見。

⑤ポチっと落札、かんたん決済。

と言う訳です。送料も7000円位でまあまあ安く手に入りました。

やったー!良い買い物したー!!

喜びに浸るのもつかの間、さっそくコインを入れると

ウインウインウインウインウインウイン∞

いつまでたっても流れない・・・・・・・

流石に僕ジュークボックスは直せない。

・・・・・・・修理やな~

神戸に直してくれる所があったので持って行ってみると、

「うーん酷い オーバーホールやね~」との事。

「あの~おいくら位?」

「「14万!」」

「「14万?」」

「「14万!」」

という事で運搬費等諸費も込めてざっと18万円程。

なけなしの小遣いをはたいても足りないので母に借金。十一で(嘘)

1曲100円なので全額返済には1800回再生が必要。

皆さんジャンジャンかけて下さい、お願いします。

最初のお客さんは何と小学2年生
当時の青春に浸るレディ

キルモノ春の大ブラウス祭 開催!

H31 3/14~3/18 キルモノ春の大ブラウス祭り 開催しました。

キルモノ森ノ宮の長く厳しい冬が開け、漸く暖かくなってきました。

防寒用に注文していたカーテンは遂に寒い時期には届かず、

暖かくなってから届きました。遅いやんけ!!!

しかしそれも既に問題ではなくなりました。

そう、春がやってきたのです。

キルモノ的に春の洋服、それ即ちブラウスです。

冬の間にせっせとため込み、色や柄で仕分けしたブラウスを

今回一挙に大陳列いたしました🌼🌼🌼🌼

何と今回、お店の商品全部ブラウス、端から端まで全部ブラウスなのでした!

花柄ブラウスや、

ミリタリーブラウス、

そしてそこそこマメに並べたブラウスグラデーションコーナー

その他水玉柄ブラウスコーナーやストライプ柄ブラウスコーナー、

スカーフ柄、縮れ綿に兎に角派手な柄物コーナー等々、

店内には1500着以上のブラウスが並びました!

 

そして今回のイベントではウェルカムサービスもありました。

題してブラウスクッキー。一応手作りです。

お越しいただいた方にお渡ししていたのですが、

何とも顎の健康維持食品みたいな硬さになってしまいました・・・・・

別に不味いわけではないと思ったんですがね~。

一部の方からはノーセンキューと言われそこそこ余りました。

閉店後、僕がバリボリいわして美味しく頂きましたとさ。